オリジナルTシャツのデザインを決める時に、普通のプリントよりもグレードアップしてゴージャス感を出したり、
かわいらしさを演出したりすることが出来る加工法があります。

ひと味違ったTシャツ作りをしたい人に向きます。

 

ラメ加工は、インクにきらきら光る加工がしてあるもので、オリジナルTシャツのイメージがかわいくなったりゴージャスなイメージになったりします。
発泡加工は、プリントした箇所の手触りがぷくぷくとして盛り上がった感じになるもので、立体感がある仕上がりになります。

 

蛍光インクを使ってプリントすると、プリントした箇所が目立つので、運動会の応援グッズなどに向きます。

フロッキー加工は、繊維状のシートの上にプリントするもので、植毛加工とも呼ばれ、フェルトのような手触りになります。

銀や金などの箔シートを使うと、オリジナルTシャツにゴージャスな感じを演出することが出来ます。


特殊な液を使う抜き染めプリントは、元々のTシャツの色を抜いて柄を演出します。